1. ホーム >
  2. Google >
  3. Analytics(アナリティクス)

グーグル・アナリティクス(アクセス解析)の活用法

高機能アクセス解析を使って先ずは自分のサイトの効果測定を行い、次のWeb戦略に役立てましょう!

グーグル・アナリティクスの基本項目を理解する

グーグル・アナリティクス(アクセス解析)操作の仕方〈準備中〉

グーグル・アナリティクス(アクセス解析)個々のレポートの基本をマスター〈一部 準備中〉


アナリティクス 個々のレポートの利用方法につきまして

アナリティクス(アクセス解析)個々のレポートの基本をマスターのメニューレイアウト(=左サイド)は簡単にアクセスして利用できるように、実際のグーグル・アナリティクスのメニューレイアウトと同じにしています。レポートの用語や見方で分からない時にご活用ください。

大切なことは、先ずはアクセス解析の用語の意味を理解し、次にアクセス解析から何を知ることができるか(=データが何を表しているか)を把握することです。(それが分からないと次の戦略は立てれませんから。)

なお、見本画像上では一部メニューの並びがずれているケースや新しい項目が並んでいるケースがあります。これはグーグルが頻繁にバージョンアップしていることに起因します。常にチェックはしていますが、グーグルによるバージョンアップは告知なし(=サイレントアップデート)で行われたり、英語のみの解説が先行したりするため、なかなか把握しづらい面があるということをご了解願います。

高機能アクセス解析ツール Google アナリティクスとは

グーグル・アナリティクス〈Google Analytics〉は、検索最大手のグーグルが無料提供している高機能アクセス解析ツールです。

元々は米国のWeb解析ソリューションプロバイダーである Urchin Software〈アーチン・ソフトウェア会社〉が開発し有料で提供していたものですが、米グーグルが2005年に買収。一般ユーザーにはグーグル・アナリティクス〈Google Analytics〉として無料で提供、企業サーバーにインストールして使用する形では、高機能アクセス解析ソフトウェア・アーチン〈Urchin〉として有償で提供しています。

なお、高機能アクセス解析アーチンはグーグル以外にも様々なホームページアクセス解析会社から提供されていて、(参考までに)およそ月額50,000円ぐらいの使用料です。

余談になりますが、グーグルが高機能アクセス解析を無料提供するようになったことにより、ホームページアクセス解析会社の多くが姿を消したと言われています。

デザクロ・メモは、デザインクロスが制作・設定などの際に利用・参照可能な情報です

  • 特になし

見出し

本文

デザクロ・メモはここまで。クリックで閉まります

このページ「Analytics(アナリティクス)」の更新履歴

直近の更新履歴

2010-03-17
「アナリティクス 個々のレポートの利用方法につきまして」を追加
2010-03-15
Analytics(アナリティクス)ページを公開

以前の更新履歴

2010-03-17
「アナリティクス 個々のレポートの利用方法につきまして」を追加
2010-03-15
Analytics(アナリティクス)ページを公開

ひとつ前のページにもどる

▲このページの先頭へ